レンタルオフィスで物件探しをしよう

レンタルオフィスには、「イニシャルコストが抑えられる」、「オフィス家具やOA機器が予め揃っている」など沢山のメリットがあります。これらのメリットは、特にこれから起業を考えている方には嬉しいポイントなのではないでしょうか。

しかしながら、レンタルオフィスを利用してみたいけれど、選び方がよく分からないという方も多いのではないかと思います。
そのような場合には、立地、料金、サービスの3つの点に着目すると良いでしょう。
立地に関しては、通勤しやすいこと、取引先から近いことなどももちろん重要ですが、自社の企業イメージにマッチした場所であるか、また事業が拡大しやすそうな場所であるかも忘れてはならないポイントです。

田舎の聞いたことのない地名よりは、都心の誰でも知っている場所にオフィスを構えた方が、他社からも信用してもらえる可能性は高くなります。
特にレンタルオフィスは法人登記が可能な場合も多いので、そのあたりも踏まえた上で、レンタルオフィスの物件探しをすることをおすすめします。
また、レンタルオフィスには個室・専有タイプとシェア・共有タイプがあります。個室・専有タイプは、オフィススペース、デスク、椅子等を専有できる一般的なレンタルオフィスで、社員の人数や会社の規模、ワークスタイルに合わせて選ぶことができます。

一方のシェア・共有タイプは、幾つかの会社でオフィススペース、設備を共有するタイプで、他企業の社員との交流が図りやすいほか、個室・専有に比べてコストを削減できるメリットがあります。
従業員の人数や初期コストの予算、また、事業内容、事業戦略など、自分の会社にはどのタイプのレンタルオフィスが適しているかを考え、選択すると良いでしょう。次は、サービスです。
今は沢山の付加サービスがあるレンタルオフィスも増えています。
前述した法人登記が可能かということも、その一つになりますが、他にも、受付や会議室が付いているか、インターネット環境があるか、FAXが利用可能かなど自社の事業内容に合わせ、必要なサービスが付加されたレンタルオフィスを選択しましょう。
一人で事業を行っている場合などは外出中の電話が取れなかったりすることもある為、電話の代行をしてくれる秘書サービス付のレンタルオフィスを選択すると良いかもしれません。
柔軟な物件探しができることもレンタルオフィスの魅力の一つです。それぞれの会社の利用目的にぴったり合ったレンタルオフィスが見つけられるといいですね。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト